Tuesday, September 20, 2005

また変更・・。

え~、Blogger使いにくかったので、またBlog変えました。

http://ameblo.jp/hirok52/

お手数かけますが・・。

Thursday, September 15, 2005

Yahoo!Blog

あまりにも使えないんで、Blogをとりあえず変えました。
ずっと使うかは分からないけどとりあえず。

仕事は今日で一段落。

ホント疲れました・・。

Wednesday, September 14, 2005

ハワイ島旅行記⑦

ハワイ島最終日は早朝から行動開始。
両親が7時だかそれくらいの早い時間の飛行機に乗るので、
それよりも前に空港に着かなくてはならなかったのだ。

実は意外とゆっくりしていないかも・・。

帰りの飛行機は、なんともハワイな感じで。
いや、時間がアバウトと言う意味。

飛行機の出発時間には飛行機の姿は全く無く。
着陸がだいぶ遅れたようで。
おかげで、何も無いコナ空港で2時間くらい待たされました。

で、ワイキキで1~2時間くらいあったはずの待ち時間が30分程度に短縮に。
バーガーキングは遠かったので、ピザハットを食べときました。
機内食よりはましでしょ。

結局、日本到着は1時間くらいの遅れかな?

やっぱ日本が一番・・、なんてとんでもない。
暑い!

ハワイって意外かもしれないけど涼しい場所。
熱帯夜がないらしい。
日差しは強いけど、からっとしているからねぇ。

まだ帰りたくないなぁと思えるほど、充実した休日でした。
親に感謝です。

ハワイ島旅行記⑥

ハワイ島の実質的最終日。

この日は午後2時からマウナケアへ星空ツアーへ。
このマウナケアという山は、大気中の塵が少ないと言うのと、
周りの明かりがないというので、世界各国の観測所があることで有名な場所。
日本の”昴”もここにある。

ただし、その環境を守るために、そこまでアクセスすることのできる人は限られているそうだ。
一般人はアクセスできず、ツアー参加者のみがいくことができるとのこと。

2時にホテルを出発し、車で延々と走り、5時にオニツカセンターで休憩。
オニツカさんとは、ハワイ出身の日系人で、チャレンジャーの事故で亡くなった方だそうだ。

そうそう、このマウナケア、高さがなんと4206m。
このオニツカセンターで休憩を取ることで、高山病対策もあるらしい。
車で一気に登るとはいえ、富士山よりも高いとは・・。

まずは山頂(各国の観測所がある)から、夕日を鑑賞。
グラデーションがなかなかのもの。

その後、少し下って星空鑑賞へ。
天の川がくっきり見える。流れ星も何個か見えた。

流れ星と言えば、父親が、「お!流れ星」と指した方向に流れる星が!
でも、ずっと流れ続けている・・。

なんと、人工衛星だそうだ。
しかも2基も見ちゃいました。
日没後1時間くらいしか見れないらしい。

星空は、本当に満天の星。
いろいろな説明もあり、なかなか。

ただ、もう一回行きたいかというと・・。
まず1点目はハワイ島では結構どこでも満天の星を見れるということ。
あとはツアー自体が長すぎると言うこと。

時間のある人だけかな・・。

ハワイ島旅行記⑤

早起き、ゆっくり、と来て次は早起きの日。
今日はトローリングに初挑戦。

姉はホテルでだらだらしているとのことで、両親と姉の旦那さんと4人で参加。

うん、トローリング最低。

船で走り回ってるだけやん!
釣れる気配もなかったやん!
リールが音を鳴らしたのは、母親が糸を手繰りだした時だけ・・。
その音に、父親はかなり敏感に反応してましたが。

つーか、カジキマグロとか大物はいいから、カツオくらい釣らせろっつーの。
しかも、船長、チップ請求しやがった。

釣れてねーっつーの。

港には、カジキマグロが1匹陸揚げされてました・・。

その後、姉を迎えに行って昼食。
バーガーキング、最高!
日本に復活希望。
ロッテさん、お願いします。

その後、今度はK-Martへ。
Wal-Martに負けず劣らずでかい。

この日の晩御飯もホテル内のレストランへ。

途中、姉の料理の中にゴキちゃんがダイブしてくるハプニングもありつつ、味はやっぱり大満足。

ちなみに、ハワイ島はゴキちゃんをちょくちょく見かけました。
部屋の中でコソコソというよりは、道を堂々と歩いている感じ。
コソコソしていなければあまり気にならないものだと知りました。

ハワイ島旅行記④

2日目は早起きしたので、3日目はゆっくりと目覚める。
午前中は予定がなく、部屋の前のプールで泳ぐ。

このホテルの売りのひとつに、魚が飼われている海水プールがある。

そのプールにはなんとマンタが3匹も飼われているんですねー。
そりゃ、元水泳部の火がつきますよ。
マンタを追い掛け回していました。
やつら、深く(5m以上あるかと・・)にもぐるんだよね・・。
この日はそんな感じでゆっくりと過ごしました。

マンタにとってはゆっくりできず災難な1日だったかも。

晩御飯は街に出て和食。
間に一回くらい挟んでおくと、胃にやさしいということで。

ハワイ島旅行記③


ハワイ島2日目の朝は早くから。7時からヘリコプターに乗るため、5時起床・・。

ハワイ島は場所と地形から、昼過ぎから曇ることが多いそうだ。(南の暖かい海を通ってきた貿易風が、ハワイ島の高い山にぶつかり、上昇気流となり、急速に冷却されて雨を降らせるそうだ)

今回利用したのはBlue Hawaiian Helicopters
この辺の手配は母親が。日本人のパイロット(兼ガイド)がフライトに連れて行ってくれました。
日本語で安心、分かりやすい。

人生初ヘリコプターですが、飛び立つ瞬間は痺れました・・。
TVドラマの24みたいでした。

前半は火山を見学。
ハワイ島は世界でもっとも火山活動が活発なところらしい。
ヘリコプターでは、クレーターからマグマが見えました。

また、海へマグマが流れ込むところも見ることができました。
(最近まで歩いて近くまで行くことができたそうだけど、
地滑りの危険性があり、近くまで行けなくなったとか)

後半はハワイ島の自然を見て回る。
ハワイ島は半分は乾燥地帯(リゾートはこちらに多い)、
半分は熱帯雨林となっているそうです。

後半回った熱帯雨林は、高さ1000m級の滝などもあり、
なかなかきれいでした・・、と無難に書いときます。

いや、ぶっちゃけ前半だけでいいかな。
熱帯雨林を見にハワイ島に来ているわけじゃないしね・・。

ヘリコプターの後はお買い物。
ハワイ島唯一(?)のDFSがあるキングスショップへ。
ヘリコプターが早朝だったこともあり、店もポツポツと開き始めている状況。
とりあえずぶらっと1周して、ぼろぼろになっていた財布を新調。
安いのかどうか分からないけど、とりあえず・・。

その後、ヒルトンに入っているKirinという中華で昼食。うーん、普通。

ホテルに帰って、その日のゴルフの予約を入れる。
このホテルは宿泊客専用のゴルフコースを持っているとのこと・・。
ジャックニコラウスが設計したそうだ。

そんな格式のあるコースで恐縮ですが、ええ、コース出るの2回目です。
しかも、1回目もハワイ(卒業旅行時)。
練習も全くやってません・・。
父親がゴルフ好きなんでね。

前半は楽しくやっていたんだけど、途中からだれてきちゃいました。
つーか、パットが全く入らん。
入らんの変換が排卵になるくらいダメダメ。
ちなみに、練習全くしたことがないドライバーはまずまず。
アイアンも思ったよりも良かった。
最終的なスコアは135くらいだった気がする・・。

そろそろ本格的にゴルフやろうかな・・。

夜ご飯はホテル内のレストランで。
ここのホテルの料理はかなりうまい。
値段もそんなに(あくまでもそんなに)は高くないし。

なかなか充実した二日目でした。

ハワイ島旅行記②

飛行機は姉夫婦とは別々の席で。一人だけ非常口の前にしてもらいました。おかげで足が伸ばせてだいぶらくちん。 フライトは特にゆれもなく、順調に到着。


イミグレーションも、本土に比べればゆるい気がするのは気のせい?New Yorkに入るときは緊張したけどなぁ。つーか、イミグレーションの建物もテントみたいだし。


で、ハワイ島の空港を出たら変なおっさんが写真を撮ってくるわけ。なんやこのおっさんは・・、と思ってたらなんと父親でした。


つーか、両親は関空からホノルル経由で来るので、1時間くらい遅れてくる予定だったのに・・。
どうやらホノルルで1~2時間前の飛行機に乗ったようです。関西弁で言うところの「イラチ」ですな。

ハワイ島に来る人はツアー客が多いみたいで、レンタカーのバスに乗る日本人は皆無。5人乗りのSUVを予約していたけど、7人乗り?のワンランク大きい車に変更。運転もかなりの久々ぶりでしたが、全く問題なく。

まずはホテルに向かいます。今回のホテルはフォーシーズン。まあいやらしい話ですが、かなりの高価なホテルでございます。部屋にもよるようですが、今回の宿泊先は1泊で月収が飛ぶくらいです。びびった。


部屋に入ってとりあえず水着に着替え、プールでゆっくり休むことに。うーん、リゾートと満喫してみるフリを楽しむ。


しばらくゆっくりした後、夕飯を兼ねて近くの街まで出てみることに。本日のレストランはRuff's だかDuff'sだか名前は忘れたけどアメリカ~ンなレストラン。 とりあえず予約だけして、街をプラプラと練り歩く。

ちなみに、父親の今回の旅での目標は、毎日1枚のTシャツと帽子を1個購入することらしい。お犬様の散歩に帽子をかぶっていっているらしい。 初日は難なくCrazy Shirtsでクリア。

食事後、Wal Martでお買い物。やっぱでかかった。


母親は初日にしてマカデミアナッツチョコを箱買いしてました・・。

ハワイ島旅行記①

仕事復帰してから、社会人になってから1番と言っても過言ではない忙しさ。
ハワイの日々を忘れつつありますが、完全に忘れる前に旅行記をつらつらと。

ハワ島への出発は月曜日。何かとお騒がせのJALに直通便があるということで、姉が1ヶ月ほど前に予約していたのでした。
21時ごろ出発だったんだけど、会社は有休をもらいました。会社行って、定時でダッシュしてリゾートというのも・・、と思っていたら、姉の旦那さんは会社帰りでした。

そう、今回のハワイは”Big Island”ハワイ島。ショッピングやアーバンライフを楽しむワイキキではなく、自然を楽しむリゾートの旅。
ゆっくりするために本を4冊持参しました。

・海辺のカフカ×2(上下巻) 村上春樹
・国際テロ×2(上下巻) トム・クランシー

・・・、いや、リゾート地で国際テロって、俺。

初日というか出発前の思い出といえば、成田空港の蕎麦屋。
ワサビがスリオロシ形式なのはいいんだけど、小さすぎてほとんど葉っぱ!
すってにおいを嗅いでもワサビの匂いがせん!

いや、さすがに温暖な僕でもそりゃ店員呼びますよ・・・。

「お兄さん、これ葉っぱやで」
「申し訳ありません、新しいの出しますので・・」(5分後)
「お待たせいたしました、今日は短いのしか入荷していないみたいで、 2本お付けいたしますので・・」

さっきよりは長いけど、短いワサビが2本!いや、短いのしか入荷していないって・・。
まあ、寛大な僕は短いワサビを1本だけ使いましたよ。
全然ハワイじゃないけど、1話目はこんなところで。